top

現在、視力回復トレーニングの方法は様々あります。

まず対象のものを調節する筋肉に毛様体筋というのがあり、これが機能しないと遠くや近くが見えずらくなり視力低下に繋がります。トレーニングとしては遠くと近くを交互に見ることで毛様体筋を動かして緊張をほぐします。

次に星などの見えそうで見えないものを見ようと意識して凝視するようにしましょう。

そうすることで毛様体筋がゆるみ水晶体を薄くなるので目がリラックス状態になります。その他に外眼筋を鍛えるトレーニングもあります。

まず目の準備運動として目をギュッと強くつぶり、しばらくしてから目だけで上を10秒間、顔を動かさずに見るようにします。

そしてまた目をギュッと強くつぶり目だけを下にして10秒間、顔を動かさずに見ようにします。これと同じことを左右もして5分間これを続けて行います。

この運動をすることで眼球の外側の外眼筋を鍛えることができるので眼球の動きが良くなり、ピントが合いやすくなります。

実際に行ってみるとかなり疲れるのでいかに日頃から外眼筋を使っていないことが分かります。また、視力をあげるトレーニングで脳を鍛えることが有効であることが確認されています。

視力が弱い人は脳が正しく情報処理をしていない可能性があります。ですので、これを解決するにはしっかりと見えると思いながら見ることで目はより多くの情報を取り入れようとするので是非やってみて下さい。
管理人のお世話になってるサイト⇒アントシアニンサプリメント

緑内障と視力回復

視力回復のためにレーシックの手術を受ける際、何らかの病を患っていると、手術を断られることがあります。その中の1つが緑内障です。誰でも一度は、緑内障という病名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

一般的には、40代辺りから患う人が多く、眼圧が高くなることから視野が狭くなってしまい、場合によっては失明することがあります。

未だに原因は分かっていませんが、最近は若い人の間でも緑内障に悩む人が急増しているようです。特徴としては、低体温や低血圧などの症状がみられてるケースが多く、特に血縁者に緑内障を患っている人がいる場合は、注意が必要が必要です。

緑内障になると、もちろん眼科へ通院することとなりますが、治療と一緒に視力回復を行っていくことは、現状では大変難しいとされています。なぜなら、視神経が圧迫されている状況であるため、まずは眼圧を下げなければならないからです。

そのため、緑内障でレーシックを希望する人がいますが、手術を受けることはできないとされています。なぜなら、レーシックの手術を行うと、眼圧が上昇してしまうからです。

医師によっては、緑内障でも受けることが出来るPRKというレーシック手術を行ってくれる場合もあるため、相談してみても良いかもしれません。しかし、技術が必要な手術であるため、簡単には引きうけてもらえないといえます。

最近はレーシック以外でも、様々な視力回復方法が紹介されていますので、他の治療法を検討してみることをおすすめします。
もっと詳しく⇒ブルーベリーサプリの比較とおすすめ